耐震リフォーム 施工実績

耐震リフォーム 施工実績

岡崎市 A邸 

段階的耐震改修(補強0.7以上)

この御宅は、70代のご夫婦お二人がお住まいの、昭和36年築(伊勢湾台風後)の伝統工法の

住宅でした。規模は、平屋建て床面積約165㎡(50坪)ですが、その他にも昭和56年以後に建築された

建物が点在していました。お子さんは、外に出ていて地元戻る予定が無いので、「大規模な耐震改修や

リフォームを考えていないので、何とか補強値0.7以上の段階的な耐震改修で済ませたい!」と言う

ご要望で補強計画を進めました。

  

基礎の補強は、基礎Ⅱとして、通りに対してW=900で配筋をして、各束にアンカー金物を取付根固めを

ラチス梁で補強しました。

  

大黒柱を矩折に補強してそこにガーディアンクール制振装置(計4か所)を設置しました。

その他にガーディアンシールドを3ヶ所 合計7か所の補強で済ました。

一般診断では、補強値:X方向0.80、Y方向0.81

限界耐力法での検証では、補強値:X方向1.11、Y方向1.14

  

既設建具を再利用して、アウトセットの引き分けにしました。両袖壁に内に制振装置が入っています。

既設右側は250cm角の欅の大黒柱です。差し鴨居が見えます。

既設玄関側で左側は250cm角の欅の大黒柱です。差し鴨居が見えます。

※クリックすると画像が拡大されます。

お問い合わせはこちら